Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金が再び上昇カーブに突入

金の価格もプラチナの価格も12月の半ばから
1月の初旬にかけて下落傾向にあったのですが
ここにきてまた上昇カーブを描いています。

しばらく高値安定が続くのでしょうか。
それ自体が持っている価値から安定資産として
ここ数年ずっと注目の金ですが同時にプラチナについても
価格は安定して高い水準を保っています。

ひとむかしまえは金地金のあの金の延べ棒というか
正式に言うとインゴットというのは
お金持ちの資産として銀行の貸し金庫に
ずらっと並んでいるようなそんな映画で見たようなイメージで
庶民の感覚からするとずいぶんと遠く離れたものに見えました。

それがここきて世界的な不況で
テレビCMでさえ金の積立を勧めるようなものがでてきています。

こうした状況なので金の買取価格が上昇しますから
個人が持っているタンスで眠っているような金や宝石、
あるいはプラチナの指輪であるとかアクセサリー、
または意外なところでは使わなくなって外した金歯が
貴金属買取店に持ち込まれていたりします。

おおきな循環がおこっているのですね。
そうして持ち込まれた金は溶かされて再び
インゴットの形になったりゴールドジュエリーとして
だれかの指にはまっていくのですから面白いものです。

はなやかな会場でスターの首にかかる金のネックレスが
もとはどこかアフリカなどで算出されたものではなく
だれかの口の中にはまっていた金が
溶かされたものだと想像するのはなかなか面白いものがあります。

うちにもどこかの国の記念金貨がありますが
このまま所持しているか高いうちに現金化したほうがいいのか
迷う所ではあります。

ただまだこの高値はユーロ圏の不安定な情勢などの理由で
しばらくは続いていくと見るのが正しいでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。