Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

固有価値としての金の存在感

日曜日なのでちょっと遠くにあるショッピングモールまで
遊びがてら遠征してきました。
途中に高速道路にのったりしてかなり
早く着いたのですがすでにもう家族連れでいっぱいです。

ここは高速のインターチェンジを下りて直ぐの場所にある
かなり広大な面積をもつ某大手ショッピングセンターです。

核になるスーパーとテナントとして安売りの洋服店とか
あとはいろんなバリエーションの飲食店で賑わっています。

特にこれといって買い物の目的はなかったのですが
このなかに最近出店したという貴金属の買取店
知り合いがいるので少し顔でも見て
出来たら昼食でも一緒にどうかと思って
顔を出した次第なのですが
けっこうな人出でそれでいて定員の数も少ないので
こちらの相手も満足にすることも出来ず
少し立ち話をしただけで退散してきました。

どうやらまだまだ金の取引相場が高い状態が続いているために
この時期を逃さんと家にある貴金属をあさって
売ってしまいたいというお客さんがたくさん来店されているそうです。

だいたいそのへんの事情は理解しているつもりでしたが
ここまでとは思いませんでした。

たしかにいまお店では金やプラチナを売ることで
買取金額がアップしたり何かしらの景品がついてきたりと
サービスが激しいようです。

それもこれも駅前などにも新しい買取店が
出店しているらしくどこも売ってほしいところから
サービス合戦になっているようです。

さきのギリシャに端を発するユーロ危機などを見るにつけ
まだまだ世界の経済情勢は混沌としていますから
その反動で金の固有価値としての安定性に
頼る機運はまだまだこの先も続いていくことでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。