Entries

金太郎ともろもろの伝説

岡山県で思い出すのは金太郎ですね。
この昔話で有名な誰でも知ってる金太郎って
なにも童話の中の空想上のキャラクターではなくて
実際に実在した人だったって知ってましたか。
知らなかったです(自問自答)

なんでも坂田金時というお名前で
幼少時の名前が金太郎だったそうですよ。

この坂田金時さんは血色が良かったそうで
全身が常に赤かったんだそうです。
(赤太郎にならなくてよかったですね!)
で、その赤さが転じて
かき氷の宇治金時とかの小豆をいれたものは
赤くなることからこの坂田金時の金時からくる
由来で呼ばれるそうになったんだとか。
すごいですね。こんなルーツがあったんだとは。

金太郎のお話は誰でも小さい頃に
なんらかの形で絵本で読んだり
両親からお話として聞かされたりしたと思います。

私自身もそうでしたが
いまこうやって株のトレードなどをしていますと
ふと幼少のそうした思い出が蘇ってきたりもするのです。

そういえば金太郎というと
小学生の頃に夢中になったRPGゲームである
「桃太郎伝説」にもでてきましたね。

このゲームは何を隠そうファミコンを初めて買った時に
同時購入したソフトなのでした。
今は懐かしいパスワード入力で途中経過を記録していくタイプで
それ専用のノートにゲームをやめる際は
画面に表示されたランダムな文字列を凝視して
書き写していましたね。

そのちょっとあとになってようやくバックアップ付きの
ソフトが発売になった気がします。

金のオノとか銀のオノとかかぐや姫とかそんな
懐かしい単語がたくさんでてくる物語でした。

日本のそういった童話をすべて集約して
ひとつのお話にしてあってなかなかによくできてました。
その後、続編もけっこう何本かでていて
スピンオフじゃないですが桃鉄もここからですよね。


岡山 金 買取