Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の公示地価をみて思うこと

おとといの朝刊に折込として
別紙の全国地価の今年の指標が入って来ました。

正式には「公示地価」と呼ぶのだそうです。
公示地価とはだいたい年に一度、
法令に基づいた国家機関によって評価された
個別の地点の適正価格を指すのだそうですね。

その公示地価なのですが
今年の傾向としては下落幅が0.4ポイント縮小したといいます。
ずっと不況と言われていてそれがデフレという
あらゆるモノのの価格が下落していっている
状況だったのがこうして下げ止まりが起こっているということは
景気回復が少しずつ明かりが見えてきているという
希望をもたせる結果となりました。

ただ下落しているのは事実なのでしょう。

そんななかで価格が下落せずに横ばいという
奇跡的な土地がありました。
どこだと思いますか?
それは長野県の軽井沢なんだそうです。

あの高級別荘地で有名な避暑地ですね。
さすがまだまだそのブランド価値は下がらない感じです。

そのほかで気になるところとしては浦安でしょうか。
都心へのアクセスも便利でなおかつ生活環境もよく
ディズニーランドへも近いことから
好イメージに高評価がついていたため
地価は高かったそうですが先の震災の際の
液状化現象によって大きく下がってしまったそうです。

埋立地の意外なマイナスポイントが
露呈してしまった感じです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。