Entries

士業の独立開業の難しさ

士業というのもいろいろとありますが
独立開業してひとりだちしてやるのは
なかなか大変なことのようです。

実際、独立したもののクライアントの数が増やせず
廃業してしまうなんて言うケースは珍しくないようです。

特に社会保険労務士などは
そうしたケースが多いといいます。

うまくいくとたくさんのクライアントを開拓することで
月々の顧問料という形で定期収入が見込めるので
年収一千万円を越えることもあるといいます。

ここまでの年収を見込めるならば
とても魅力的な資格と言えますが
現実はなかなか厳しいようですね。

町のあちらこちらに自宅の一角に
プレハブ的な事務所を構えて営業している士業がありますが
どこもとても儲かっているようには見えません。

もとよりもっと繁盛している事務所は
駅前などに構えて営業しているせいもあるかもしれませんが。

なんでもかんでも資格を取ればいいみたいな
風潮はたしかにちょっと誤解があるかもしれません。

特に合格率が低い士業などの国家資格は
合格すればなんとでもなるといった
甘い見込みがあるのかもしれません。

どこかへ就職するならば関係ありませんが
独立してひとりで営業していく場合は
その資格に関しての知識以外にも
ビジネスとしてやっていく素養がもとめられるのでしょう。

どうやって顧客を集めていくか、
どう広告展開していくか、など
そういったことをまったく勉強せずに
飛び込んでしまう方が大半でしょうから
失敗するケースが増えてしまうのは目に見えています。