Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり太陽光発電で問題なのは耐用年数ですよね?

なんかどうも太陽光発電ってすぐ故障しそうで
喜び勇んで設置している家を見ると大丈夫かよ?っていらん心配をしちゃってました。

でも今日、仕事上でそっち方面に詳しい人に聞いたらどうも
その太陽光発電モジュールっていうのはかなり寿命が長くて
最低でも20年はその性能を発揮できる状態をキープできるのだそうです。


だから10年ちょっとで設置したコストを回収できてしまえば
あとの10年は十分にペイできるっていう計算ですね。

だったら真剣に我が家にもお迎えしてもいいかなって思えますね。


って、そこまでの話を聞いて僕の意見を言ったんですが
それを遮るように「でもパワーコンディショナーは10年程度で交換が必要ですよ」だって。

ええーって感じです。
そもそもパワーコンディショナってなに?って感じですが
どうやらそれは発電した電気を家で使えるように変換する機械らしくて
これはソーラーパネルよりも交換時期が早いそうです。
それを聞いてまたどうしようかなって迷い始めてますね。

このウェブサイトとか読むとそれでもつけようかなって思えますけど
→「太陽光発電の耐用年数は20年!/設置費用の回収とどちらが短いか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。